CAR GAME.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【軽自動車】ホンダ JA4型トゥデイ ポシェットを作る

更新日:2013年10月 9日 【GRFactorをベースに製作を開始しました】
更新日:2013年10月11日 【hdvファイルとengine.INIファイルの入れ替え】
更新日:2013年10月19日 【トレッド&ホイールベースの調整】
更新日:2013年11月13日 【タイヤ&サスペンションの見直し】

GRFactorをベースに製作を開始しました
初のMOD製作ですが1から作るのは大変なので既存のMODを使って製作することにします。初心者にも解り易くシンプルな構造のMODが好ましいのでまずはこの『GRFactor』という非リアル系のMODをベースに製作していこうと思います。

Zmodeler0056.jpg

まず最初のステップとして、他のMODからSPファイル(サスペンション構成)を移植します。とにかく1つずつ変更を加えていき、その都度どのような影響がでるかを確認するのが一番勉強になります。
まずはFFの軽自動車ベースを作成したいので既存MODの中からお気に入りの挙動の物を選びたいと思います。個人的には『Honda Rfactor』か『Honda CIVIC 4th generation』がFF車では特にお気に入りなのですが、ロール感があるのとオーバーステア気味な味付けが好きな後者を選ぶことにしました。

09-Jan-11-rFactorCentral-8394_Untitled-2.jpg

結果からいうとSPファイルをそのまま入れ替えた程度では何も不具合は起きませんでした。挙動は上下の動きが出るようになり面白い挙動になりました。SPファイル入れ替えるだけでも結構楽しいかもしれませんね!

-------------------------------------------------------------------------------------------


hdvファイルとengine.INIファイルの入れ替え

続いて様々な情報が入っているhdvファイルも移植していきます。パス指定やレースに関する項目以外は全てコピーして貼っていきます。移植したのはこのSTOCKという一番最下のグレードです。

hondacivic01.jpg

この画像の表記を見て解る通りエンジンパワーがKW表記になっていますね。調べてみると1kw=1.36PSみたいですので、このSTOCKというグレードは76.16PS出ている事になります。

hdvファイルは各項目ごとにコピーしていきましたが殆ど不具合はありませんでした。ただしギアの項目は元のままにしてあります。一番の変化は車重が変わった時と、ホイールの位置指定の項目ぐらいです。
そのままengineファイルもコピーします。当然ですが不具合はありません。
これで見た目はGRFactorですが挙動は『Honda CIVIC 4th generation』という状態になりました。

試しに簡易的に作っておいたJA4型トゥデイのボディとこれまた簡易的に作っておいた12インチのタイヤのモデリングデータをGRFactorのGMTファイルと入れ替えてみました。

today試走01
結果はこんな感じです。まずはタイヤの位置調整から進めていこうと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------


トレッド&ホイールベースの調整
トゥデイのトレッドは1225mm、ホイールベースは2330mmなのでhdvファイルに入力していきます。

[SUSPENSION]
FrontWheelTrack=1.225
RearWheelTrack=1.225
LeftWheelBase=2.33
RightWheelBase=2.33

合わせて車高も調整します。純正の車高は155mmなので

SpringSetting=0
RideHeightRange=(0.155,0.01,7)

4本ともこのようにしてみました。実際のゲーム画面でチェックしてみると…

JA4today01.jpg

ボディ位置が若干高いのともう少し前に動かしたいので、Zmodeler2を立ち上げ直接グラフィックデータの位置を上下に動かしました。

JA4today02.jpg
JA4today03.jpg

早速サーキットでテスト走行です。
まずは車重を

[GENERAL]
Mass=720.0 車体660kg+ドライバー60kg

試しにスタビライザーを外して、バネレートを

SpringRange=(20000,5000,4)
SpringSetting=0

※20000=2kg …かどうかは不明だが一応そーいうつもりでやっています。

に設定してみました。


試走…

JA4today04.jpg

当然ながらフニャンフニャン(笑)。少しでも横Gをかけると車体の軽さも相まってフワッとインリフト、そのまま攻め込むと横転します。Gを逃がしながら乗れば乗れなくも無いですがとても神経を遣いますしサーキット1周無事に走ることすらできないでしょう。

タイヤ位置調整はこの辺にして次は接触判定の入力をしていこうと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------


タイヤ&サスペンションの見直し
接触判定の入力予定でしたが問題が見つかったので急遽変更してタイヤとサスペンションを弄っていこうと思います。

まず何が問題かと良いますと…

JA4today05.jpg

お分かり頂けますか?
そうです、ちょこっとタイヤが浮いてるんですよ(笑)タイヤ自体を前後左右にはhdvファイルから移動できましたが上下には一体どこで動かすのか解らずかなり時間を費やしてしまいました。
まぁ結果的に原因はtbcファイルのタイヤ半径だったんですけど、色々原因を探っている途中でSuspEdit2を使ってサスペンション構造を調べた時にとっても偉そうなサス構造になっていたのが判明したのでこれも何とかしたいなぁと。

JA4today06.jpg


でMOD製作Q&Aでいつもお世話になっているnatsukiさんの製作されたAE86トレノのサスペンションデータがリジット風に作られておりこちらのデータを使わせて頂く事にしました。すみませんnatsukiさんお借りします!

↓natsukiさんの製作されたサスファイル
JA4today07.jpg

結果リアタイヤがつっぱった様な動きになり大満足です!
スポンサーサイト

フリーエリア

訪問者数
管理人のあいさつ

ポイントマン

管理人:ポイントマン
グランツーリスモはリアルドライビングシミュレーターというジャンルを世に広めた偉大な作品だと思います。この作品以降も数多くのレースゲームやドライビングシミュレーターが発売されました。
私達はレースゲームに何を求め何に不満を抱えているのか…
そんな苦悩な日々を綴っていけたらと思っています。

カテゴリ
Twitter
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。